たこ焼道楽 わなか

たこ焼きわなか

大阪のソウルフードといえば、やはりたこ焼きではないでしょうか、関西の一般家庭には、家庭用たこ焼き器があるのが普通なので、自宅でたこ焼きをすることがよくあります。しかし、関西以外の人は家庭用たこ焼き器はありませんので、お店へ食べに行くということが普通です。また、たこ焼きはソウルフードでもありますので関西人でも外でたこ焼きを購入することもあります。
大阪では、有名なたこ焼き店がいくつかあります。その中でもやはり認知度が高いのは「たこ焼道楽 わなか」でしょう。わなかのたこ焼きは「外カリッ、中フワ~」というたこ焼きで、昆布やカツオの出汁がよく効いています。そのため、ソースがかかっていなくてもおいしく食べることができます。

わなかというのは最初からたこ焼き屋さんというわけではありませんでした。はじめはお寿司屋、その後、お菓子屋となり現在のたこ焼き屋になったのです。本店は千日前で、現在でも多くの人がわなかのたこ焼きを求めて行列をつくっています。わなかは人気のお店となりましたので、現在ではいくつか店舗があります。大阪に複数の店舗があるのですが、近年では京都や九州にも出店しています。今後もわなかの美味しさが認められ、全国に出店していくことでしょう。

わなかのたこ焼きというのは、ソース、塩、ポン酢、醤油、どろソースの種類から選択することができます。どの調味料もこだわっているものなので、他のたこ焼きとは全く違います。たこ焼きなのにあっさり食べられるのが塩、安定した味を求めるならソースというように色々と気分に合わせて帰ると良いでしょう。複数で来ているのであればすべて注文して食べ比べをしてみても楽しいでしょう。
また、わなかのホームページには、自宅でたこ焼きをする際においしく作れるコツというものを公開しています。お店で販売しているものが一番ですが、自宅でも近い味を再現できるのでぜひとも参考にしてください。

Back To Top