難波と日本橋の魅力

大阪のミナミの代表エリアでもある難波と日本橋ですが、それぞれに違った魅力があります。どういった魅力があるのか?実際に自分の目で確かめることが一番ですが、ここでは今すぐにはミナミへ行けないという人のためにミナミの難波と日本橋の魅力をご紹介します。

まず、難波の魅力なのですが、なんといっても人情味があるという点です。お店にもよりますが、基本的にお店のスタッフというのはフレンドリーです。初対面の人でも気さくに話してくれますし、1人で難波へ遊びに行っても友達といるような感じになります。また個性的なお店が多いので、みんなと同じは好きじゃないという人は楽しめる街でしょう。飲食店であれば、「早い、安い、旨い」の三拍子が揃っていますのでグルメな人でも文句は出ないでしょう。最近では裏なんばとよばれるエリアが人気で、狭い通りに立ち飲み屋などの居酒屋がひしめき合っています。こういったお店は、初めてでは入りにくいと感じるかもしれませんが、みんな親切なので楽しい時間を過ごせます。

次に日本橋の魅力について紹介します。日本橋というのは、昔は電気街でしたが現在ではオタクの聖地となっています。ゲーム、アニメ、フィギュアというようなアイテムを取り扱っているお店が多く、定期的にイベントも開催していることから多くの人が集まります。また、1年に1度行われているストリートフェスタでは日本橋全体でコスプレが行われ、有名なコスプレイヤーだけではなく普段コスプレをしない人もコスプレをして、写真撮影などが行われます。オタクというと男性のイメージが強いのですが、最近では女性のオタクも増えています。そのため、日本橋は男性だけではなく女性もたくさん見かけます。海外でもアニメ好きな人が増えていることから海外の観光客も増え、海外向けのパンフレット等も作られています。ゲームやアニメが好きではないという人は、なかなか足を踏み入れることができないエリアというイメージですが、実際に行ってみると「こんなのもあるんだ~」とテーマパーク感覚で楽しめます。普段は入ることができないようなマニアックなお店も入れてしまう魔法がかかります。
このように、大阪のミナミというのは日本人だけではなく、海外の人にも注目されている絵エリアです。こんなに盛り上がっているエリアに行かずにはいられないでしょう。あなたも大阪ミナミの魅力を再発見して、どんどんその魅力を夜に広げていきましょう。