眠らない街「大阪」

ミナミ夜景大阪。それは眠らない街です。昼間はもちろんのこと、夜でも常に多くの人が行き交っています。大阪と言っても非常に広いのですが、特にミナミと呼ばれるエリアが最もアツいです。ミナミというのは、難波を中心に日本橋、心斎橋、天王寺などが挙げられます。このミナミと呼ばれるエリアは活気があり、大阪らしさ、個性を感じることのできる場所です。

大阪に来たことがないという人は、まずミナミです。玄関口となっている難波を降りるとすでに賑やかな街が現れます。駅前の商店街を歩いて行くと、所狭しとお店が並んでいます。飲食店、雑貨店、アパレル店…。どこのお店も格安で提供されていますし非常に入りやすいので、歩いている人たちは吸い込まれるように店内へ入っていき、出てくるときには買い物袋を下げています。

商店街を歩いていると有名な道頓堀があります。道頓堀には有名なグリコの看板がありますので記念撮影をする人が多いです。そして、道頓堀に渡っている橋は戎橋という名前ですが、ナンパが頻繁に行われていることからひっかけ橋といわれています。そして、夜になっても昼間のような明るさを放つエリアの宗右衛門町です。こちらのエリアには、キャバクラ、ホストクラブ、風俗店、ラブホテル、居酒屋、バーなど、大人の娯楽が詰まっています。夜になると女性もちらほら居ますが、やはり圧倒的に男性が多いです。やはり、それは男性にとって楽しいエリアだからです。居酒屋やキャバクラでお酒を飲んだあとに風俗へ行く…。これは男性の中で定番の流れでしょう。しかも、大阪のミナミエリアにある風俗店は、格安店と呼ばれる安い料金で遊べるお店ばかりとなっていますので、お財布がいつも寒い人でも利用することができます。もちろん、お店は格安店だけではなく高級店と呼ばれるワンランク上のお店もありますので、お財布に余裕があれば利用すると良いでしょう。

ミナミエリアには新しいお店が続々とオープンしています。そのため、昔はミナミで遊んだけれど、最近は全然行っていないな…という人は、ぜひとも今のミナミを見に来てください。きっと昔とは違い、風俗のハードルが下がってきていますので利用しやすくなっています。また、風俗に対する偏見も少なくなってきていますので、働いている女の子も増え、その分容姿が美しい子が増えています。こんなことを聞いて行かない男性はいるでしょうか?居ないですよね。あなたも、眠らない街、大阪へ遊びに行きませんか?