夜の大阪を楽しむならミナミ!

道頓堀の夜景大阪のキタと呼ばれるエリアは、梅田や北新地がメインとなっています。大阪の中でもキタというのは綺麗どころで、大阪人からしても少し敷居が高い感じがあります。リーズナブルに遊びたい、庶民感を味わいたい、気兼ねなく遊びたいということであれば大阪のミナミがおすすめです。
キタエリアの夜といえば高層ビルから眺める夜景が美しいですが、ミナミエリアの夜といえばネオンが煌く夜景です。こちらも来たエリアとは違う美しさがあります。ミナミの美しい夜景を形成しているのは、ビルの明かりというのではなく飲食店や風俗店のネオンです。看板は近くで見るといかがわしいですが、遠くから見ると非常に美しいです。
初めてミナミの夜を体験した人からすると、少し怖いかもしれません。しかし、実際には大阪人はみんな優しいですし、全く怖がる必要はありません。また、ミナミへ2回3回と足を運ぶ回数が増えれば、穴場なお店も見つけることができるので楽しみは増えます。

ミナミの楽しみ方は十人十色です。人によって楽しみ方はいろいろとありますが、ミナミにはすべてが揃っていますので、まずはリーズナブルな居酒屋でお腹を満たし、お酒でエネルギーをチャージ、そして女の子とイチャイチャできるようなお店へ遊びに行くということができます。また、夜も更けてきて電車がなくなってしまったという場合でも、女の子と一緒であればラブホテル、1人であればまんが喫茶、友達と一緒であれば朝まで飲むというように始発までの時間も苦痛ではありません。男性は当たり前のように楽しめますが、女性でも美味しいイタリアンやフレンチがありますし、夜カフェができるお店もあります。
このように色々な楽しみ方ができますので、寝ている時間がもったいないです。ディープな大阪を知りたいということであれば、まずは夜に足を運びましょう。ミナミは明るい時間でも楽しめる場所は多いですが、やはり本番は夜です。あたりが暗くなってくるとスーツをキタお兄さんや露出が多くきらびやかな衣装を着ている女性たちがどこからともなく現れてきます。こうした人達を見ているだけでもワクワクしてきます。まさに、これから夜が始まるという合図が送られているようです。
そんなミナミを熟知するのであれば夜に行かなければ意味が無いと行っても過言ではありません。夜を体験していなければ、どれだけミナミへ足を運んでいてもミナミを知り尽くしたとはいえません。ミナミマスターになるためにも、暗くなってからミナミへ出向き、忘れられない夜にしませんか?